沿革

1988年 真誠会医院開業
 従業員12名 19床
1989年 第1次ホスピタウン計画
 米子ホスピタウン構想 医療・福祉の街づくり
2000年 第2次ホスピタウン計画
 弓浜ホスピタウン構想 保健・福祉の街づくり
 ケアハウス開設
2004年 通所部門の拡大
 通所定員増加
2005年 教育の更なる充実
2006年 認知症部門の充実
 地域包括センター受託
 健康クラブ
 小規模多機能事業所開設
2007年 連携の充実  高齢者支援コールセンター開設
2008年 健康増進 リハビリ強化
 電子カルテ導入
 介護予防センター開設
2009年 在宅部門強化
認知症予防・介護予防部門強化
2010年 リハビリ強化型 通所介護 真誠会ローズガーデン開設
2011年 医療法人・社会福祉法人 職員数406 人(H23.1.1 現在)
診療所病床数19 床、透析18 床、通所319 名、入所292 床、単独短期16 床
米子中央ホスピタウン 真誠会セントラルローズガーデン 開設
2012年 24 時間対応定期巡回・随時対応サービスモデル事業実施
地域包括ケアセンター(米子、弓浜、米子中央)に開設
定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業 開始
2013年 複合型サービス真誠会 ふる里
サービス付き高齢者向け住宅 セントラルレジデンス 開始
2014年 グループホーム椿庵・桜庵開始
オレンジカフェ(真誠会6 拠点にて)
2015年 弓浜支え愛センター(外浜ホスピタウン)開設